歳月を越えて
民家の屋根を支えてきた
樹齢三百年を超える古材をはじめ、
土壁や漆喰などの
日本の伝統的な建築は、
身体に有害な化学物質に
無縁なだけでなく、
そこには日本人の
住まい方の伝統が息づいています。

樹齢三百年の材を
さらに三百年活かす。
そんな、日本古来の住まい方の思想と、
日本の食生活の未来が結びついたとき、
そこに、新たな食文化が生まれます。

身体にやさしい食材を
身体にやさしい空間で食する。
そこには、
やわらかなぬくもりと
やすらぎに満ちた
快適な「和」の空間があります。

「天長地久 紀元
 弐千五百八拾七年」

入ってすぐ天井を見上げると…この故事が飛び込んできます。「天地が永久にかかわらないように物事がいつまでもつづくこと」とされています。先人がこの梁に子孫繁栄を願い、上棟されたものではないでしょうか。
平田牧場「とん七」鶴岡こぴあ店

 完成日 2003年11月
 
所在地 山形県鶴岡市
 用 途 店 舗
 面 積 191.60�
 備 考 移築再生物件

 設 計 株式会社アカデメイア
 
施 工 (株)渡部工業

 平田牧場「とん七」
 山形県鶴岡市余慶町1-6
 (鶴岡こぴあエリア)
 TEL & FAX 0235-29-5525



 

TOPへ
 
ぎゃらりぃ蔵
古材館
当社の再生事例
田舎物件情報
再生のすすめ
民家相談室

会社概要・トッププロフィール

NPO 日本民家再生協会