2005年04月24日
すごいことになりました。
なにがすごいかというと、私が今までに描いていた数々の夢の中のひとつ、「蔵を改装して住む」ということがどんどん現実に近づいてきている、ということです。今日はとうとう真っ白い模型が目の前に!鶴岡は遅咲きの桜が満開な日でありました。
2005年10月01日
工事開始
そしてとうとう、蔵改修工事開始。私の中から生まれた一つの想いが、どんどん染みこんで、どんどん影響して、とうとう今日、朝から何台もの車と何人もの大工さんが蔵を壊し始めました。これから2ヶ月とてもエキサイティングな工事が私達の目の前で繰り広げられるのです。面白いのはじぃじとばぁば。私よりも真っ先に現場の写真を撮り、二階の窓から作業を覗いてます。HARUさんに「ずるい!」なんて言われながら・・・。「壊す」過程って面白いものですね。「作る」より少し面白いと思います。ご先祖様決して悪いようにはしませんから、見守っていてください。
l2005年10月20日
haruさんの現場入り

私が朝の洗い物に精を出している8時15分。haruさんはトラックの音を聞くと現場に走っていく。今日はどんな人がくるのかな、なんて、遠慮知らずで声をかける。
2005年10月21日
壁が塗られています。

上のほうから少しずつ。背筋がぴんと伸びるような白い壁が現れています。あぁ何だか神聖な気分。綺麗につかわなきゃ。未完成の魅力、とても美しい瞬間。
   山形県鶴岡市【現地再生】

 完成日 2005年12月
 
所在地 山形県鶴岡市菱津
 用 途 住 宅
 面 積 木造外大壁内真壁貫構法2階建
      延床面積 102.3平方メートル
 設 計 (株)渡部工業(山形県羽黒町)
 
施 工 (株)渡部工業(山形県羽黒町)
 roko777さんのブログより引用させて頂きました。


 

TOPへ
 
ぎゃらりぃ蔵
古材館
当社の再生事例
田舎物件情報
再生のすすめ
民家相談室

会社概要・トッププロフィール

NPO 日本民家再生協会